ホーム / ゲーム / 懐かしいゲームに関する話。昔は楽しかった

懐かしいゲームに関する話。昔は楽しかった

私のRPGデビューは、ドラゴンクエストからはじまりました

RPGデビューはドラゴンクエストです
私のロールプレイングゲーム歴は「ドラゴンクエスト」からはじまりました。

あれは1986、87年くらいかな、ドラクエ1の発売した日を思い出します。

まさか、こんなにロングヒットが続くとは思いませんでした。

私は全てのドラゴンクエストを制覇しています。

私の中でベストドラクエは、やはり「ドラゴンクエスト2」です

手書きで復活の呪文をノートに書き写して、一文字記し間違えたりして「あ~あ失敗した、昨日分がパ~だぁ」とかは、子供なりにとても勉強になりました。

少し昔懐かしのゲームについて、お話します。

SEGA(セガ)のゲーム、ファンタジーゾーンはアツい

昔楽しんだ、SEGA(セガ)のゲームについてお話します。

私は、SEGAの「ファンタジーゾーン(アーケード版)」に子供の頃、すごくハマっていました。

あれは子供ながらに大金をつぎ込んでマスターしました。

当時は50円で1ゲームできたので、1日中ゲームセンターに入り浸っていたのを覚えています。

このゲームが好きな方は、シューティング系のゲームが上手だと思います。

ファンタジーゾーンは7、8面くらいを1周として、それを永遠ループするゲームです。

2周目からがとても難しく、敵が放つ弾のスピードは半端なかったです。

あの敵の弾をかわせる技術があれば、ほとんどのシューティングゲームは上手にこなせると思います。

衝撃だったファミコンの裏技について

当時、衝撃を受けたファミコンの裏技についての話です。

中学生くらいだったと思いますが、当時私の世代では「グラディウス」が大流行していました。

アーケード版も、もちろんですが、ファミコン版も大ヒットしました。

そして、週刊ジャンプから衝撃の裏技が発表されて、グラディウスを得意気に遊んでいた私はショックだったのを覚えています。

私は、普通に遊んでも、一機で簡単にクリアできるくらいの実力がありました。

無敵コマンド「上、上、下、下、左、右、左、右、B、A」

これをファミコン版のグラディウスで入力すると、フル装備の状態からスタートできます。

当時は、私の得意ゲームのひとつが奪われた感があり、悔しかったのを覚えています。

チェンクロでゲーム中に流れる曲がイイ

ゲーム中に流れる音楽は重要
「BGM」が楽しめるゲームは、ヒットする傾向があります。

ゲームがおもしろいと、曲がずっと頭の中に残り何気に口ずさんでいたりします。

私も最近は、よく「チェンクロ」のいろんな場面で流れる曲を思わず口ずさんでいます。

ってことは、チェンクロもヒットするかもしれませんね。

思わず口ずさんでしまうゲームの曲って、なぜかロールプレイングゲームに多いです。

「ファイナルファンタジー」、「ドラゴンクエスト」など、シリーズが長いゲームは、流れる曲も優れています。

個人的には、グラディウスの4面の曲がいいと思いますけど、ゲームがヒットするには、ゲーム中に流れる曲も大切なアイテムの一つです。

スーパーマリオブラザーズも頭に残る名曲ぞろい

売れるゲームの陰には「良い音楽」が、絶対にからんでいます。

ゲームをヒットさせるには「音楽プロデューサー選び」が重要です。

世界的に堂々とナンバーワンと言えるのは「スーパーマリオブラザーズ」でしょう。

誰でも知ってるゲームで、そのゲーム中に流れる音楽には心を踊らされます。

無敵なった時の軽快な音楽や、時間がなくなった場合に流れる追い詰められる音楽など、もっと言えば、土管の中や海の中、キャッスルの中などドコを切り取っても名曲ばかり流れています。

売れたからそう思うのか?音楽が良いから売れたのか?

スーパーマリオブラザーズには、名曲がたくさん詰まっています。

著者について: